飲むサイクルを守る|コンドームだけじゃなくて、避妊薬も使うようにしよう

飲むサイクルを守る

白い錠剤

実際に避妊薬を飲んだことがない人は、使い方がわからない人も多いはずです。
そこでこちらでは今後避妊薬を愛用する際に、守るべき使い方のルールについて解説していきたいと思います。

まず避妊薬のルールには大きく分けて2つあります。
ひとつが「1日1錠、同じ時間に飲み続ける」ことです。
なぜ毎回同じ時間に飲む必要があるのかというと、血液中のホルモン量を一定にするためです。
ホルモン量が一定であることで、避妊効果が大いに期待できるようになります。

そしてもうひとつが「21日間飲んだあとは1週間休む」ことです。
実際に低用量ピルの場合は「21錠タイプ」と「28錠タイプ」の2種類が売られています。
21錠タイプを購入した人は1週間の休薬をすること、そして28錠タイプを購入した人は1週間の間は偽薬を飲むことです。
偽薬についてはもちろん何の効果もないので飲む必要はありませんが、あえて偽薬を飲む理由は「その後の飲み忘れを避けること」にあります。
1週間の休薬後は再度毎日飲み続ける必要があるので、そのペースが乱れてしまわないようにするために偽薬が存在します。
ちなみに休薬中でもこのサイクルがしっかり定着している間は、たとえ生理が来ていたとしても避妊効果があるので安心してください。

なお低用量ピルの効果はいつから現れるのかというと、基本的にはどんな方法を用いたとしてしても1週間後には避妊効果が見込まれます。
そしてそれまでにセックスをするようなことがあれば、1週間はコンドームを併用していくのがいいでしょう。
そうすることで安心できると思います。