こちらも便利な薬です|コンドームだけじゃなくて、避妊薬も使うようにしよう

こちらも便利な薬です

カプセルと錠剤

避妊薬として主に低用量ピルが一般的になっていますが、じつはもうひとつ強力な避妊薬が存在します。
事前に予防するのが避妊薬の基本だったと思いますが、あとから対策することができるタイプもじつはあるのです。
その避妊薬というのが「アフターピル」です。

アフターピルというものは主にセックスにおいて避妊できなかった場合に使うことができる特殊な避妊薬になります。
ときにはコンドームが破れてしまったり、ときにはむりやり生でセックスをさせられるなんてこともあると思います。
そういう場合は当然ながら妊娠してしまうリスクが高くなってしまうので、そこで使うといいのがアフターピルになるわけです。

アフターピルを実際に飲むことにより、受精卵が子宮内膜の着床を防ぎます。
アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており、低用量ピルなどとは違ってすばやく飲むことがポイントです。
ちなみにアフターピルを飲む際にはセックスをしてから72時間以内という制限時間が設けられています。
ただしそんなアフターピルも基本的には100%の確率で避妊できるわけではありません。
特にアフターピルの場合は飲むタイミングが遅くなればなるほど、徐々に避妊成功率が低下していきます。
72時間という制限時間を超えてしまった場合はまったく意味がなくなってしまうので、セックスをしたらベッドで横になったままではなくすぐに飲まないといけません。

万が一のことがあってもアフターピルさえあればしっかり避妊することができるようになるので、低用量ピルだけではなくこちらの方も検討してみてほしいと思います。